妊娠と子宮筋腫手術
   妊娠や子宮筋腫手術、症状別の治療法などの闘病記

 子宮筋腫の検査の方法
こんなに簡単なんて
子宮筋腫を自宅で改善

子宮筋腫検査としては、大きく分けると、外診、内診、超音波検査、CT検査、MRI検査、細胞診、血液検査があります。問診後に、これらの方法を用いて、症状について診断を行います。以下では、子宮筋腫の検査の方法について、詳しく見ていきましょう。

外診では、こぶや炎症がないかといったことの確認を行います。内診は膣内とお腹に手を当て、子宮の大きさや形、表面の固さなどを調べます。超音波検査にはプローブという器具をおなかの表面に当てる方法と、中から超音波を当てる経膣エコーとがあります。CT検査やMRI検査は、ともに画像診断で、筋腫の種類や大きさなどの詳細を調べるのに役立ちます。細胞診では、膣鏡診の際に子宮頸部の細胞を採取して検査を行います。血液検査は、ホルモンバランスや貧血があるかを調べるものです。

これらすべてを行うのではなく、子宮筋腫と疑われる度合いなどを考慮しながら、組み合わせていくことになります。婦人科の専門医によっても考え方に多少の違いがあることもありますが、まずは病院に足を運んで子宮筋腫かどうかを調べてもらうことが大切です。その上で、より高い精度を求めるのなら、その婦人科の専門医のレベルや子宮筋腫の発見の実績、地域での信頼度などを加味して病院選びをするとよいでしょう。

できるだけ早く発見すれば、それが治療の上でも役立つことがあります。自分の体に異常を感じたのなら、まずは婦人科で診断してもらいましょう。取越し苦労かもしれませんが、症状の発見が遅れるよりも、その方がずっとよいことです。

copyright © 2005 妊娠と子宮筋腫手術 all rights reserved.