妊娠と子宮筋腫手術
   妊娠や子宮筋腫手術、症状別の治療法などの闘病記

 子宮筋腫と変性の関係
こんなに簡単なんて
子宮筋腫を自宅で改善

子宮筋腫が変性を始めると、硝子様、粘液腫性、石灰化、嚢胞性、脂肪性、紅班、壊死性などの携帯を示します。変性は血液供給が十分でなくなることで始まります。また、子宮筋腫の変性は急性の痛みや圧迫感を生じますが、変性が継続することによって、変性の痛みが慢性となるケースもあります。

自分が病気になるとショックなものですが、子宮筋腫は30歳以上であれば、3人から4人に1人の割合で起きるものですので、婦人科の専門医から適切な治療を受けることによって、解決することができます。したがって、子宮筋腫の変性や症状に悩むよりも、まずは婦人科で検査を受けてみましょう。

早急に手術を行わなければならないような場合もありますが、焦る必要がない場合もあります。また、妊娠の時期などであっても、必ずしも出産の妨げになるというわけではありませんので、専門医とよく話し合ってみてください。

治療について不安が消えないのであれば、婦人科の名医を探すことも必要になってくるでしょう。これまでに実績を残している名医が手術や治療にあたってくれるのであれば、安心して任せることができるのではないでしょうか。肉体的に症状を改善することは大切ですが、安心感を得ることも大切です。病は気からと言いますが、不安やストレスを強く感じることで、体にも悪影響が及んでしまいますので、1人で抱え込まず、専門医の力を借りましょう。

copyright © 2005 妊娠と子宮筋腫手術 all rights reserved.