妊娠と子宮筋腫手術
   妊娠や子宮筋腫手術、症状別の治療法などの闘病記

 子宮筋腫と出産
こんなに簡単なんて
子宮筋腫を自宅で改善

子宮筋腫は出産の時期が遅れることが多発するようになって原因の一つであるとされています。したがって、出産の時期や経験の有無は発症リスクに関わるという要素があります。もっとも、発症リスクを減少させるために出産するというわけにもいきませんので、これはやむをえないことでしょう。

妊娠中に子宮筋腫が見つかり、出産に不安を覚えるという方も多くいます。妊娠によって女性ホルモンが多くなり、それによって子宮筋腫が肥大することで、出産を控えて発見されることがあるのです。この合併妊娠の場合でも、多くの方が無事に出産していますので、婦人科や産婦人科の専門医とよく相談して、対策や今後の方針を決めていきましょう。

たとえ子宮筋腫があっても、多くの場合は出産や妊娠に影響はありません。そのため、過度に心配する必要はありません。治療においては、胎児への影響も考慮する必要があり、合併妊娠の場合、一般的には出産までの間に手術を行いません。筋腫の大きさ等によっては手術を行うこともありますが、その際には十分な説明を受けてから同意するようにしましょう。

また、子宮筋腫かどうかの判定には、内診や超音波検査を行います。卵巣腫瘍などのほかの病気という可能性もあるためです。

子宮筋腫を伴う出産の場合でも、筋腫があまり大きくなっておらず、柔らかい状態であれば、帝王切開なしで出産できる可能性が残っています。そのため、様子を見ながら、帝王切開を行うかどうかを見極めていくことになります。

出産が終わっても、専門医と相談し、定期検査を受けて経過を観察することや、治療を受けることが必要になります。出産を控えて大変ですが、出産が終わってからのことも考えておきましょう。母親が元気であることは、生まれてくる子供にも大切なことです。

copyright © 2005 妊娠と子宮筋腫手術 all rights reserved.