妊娠と子宮筋腫手術
   妊娠や子宮筋腫手術、症状別の治療法などの闘病記

 変性と痛み
こんなに簡単なんて
子宮筋腫を自宅で改善

子宮筋腫変性とは、血液を十分に得ることができなくなり、酸素や栄養不足が原因で壊死してしまうことを言います。この場合に問題なのは、急性の痛みを伴うということです。原則として一時的なものですが、変性が継続すると痛みも慢性化します。

通常、子宮筋腫があっても自覚症状が出ることは少なく、痛みとはあまり縁が深くない病気と言えますが、この場合には例外です。腫瘍が大きくなりすぎると起こりやすいので、成長してしまっている可能性もあります。

CTを使えば子宮筋腫が変性しているかどうかは調べることができます。治療の必要性の有無は婦人科の専門医と話し合う必要があります。手術をする場合もありますし、鎮痛剤などを使って薬で対処すれば済むこともあります。どの程度の期間継続するかは様々ですので、異常を感じ始めた時期をしっかり覚えておきましょう。正確な情報があれば、医師としてもより適切な診断結果を下すことができます。

変性があったとしても、必ずしも治療が必要なわけではありません。あくまで可能性の問題ですので、慌てる必要はありません。しかし、痛みがある以上放置しておくのは得策ではありません。必ず婦人科を受診し、専門医の判断を仰ぎましょう。その段階では手術が必要なくても、今後の経過観察は続けなくてはならない場合もあります。

copyright © 2005 妊娠と子宮筋腫手術 all rights reserved.