妊娠と子宮筋腫手術
   妊娠や子宮筋腫手術、症状別の治療法などの闘病記

 子宮筋腫を腹腔鏡手術する場合の成功率
こんなに簡単なんて
子宮筋腫を自宅で改善

子宮筋腫腹腔鏡手術を行う場合にはメリットとデメリット比較しておかなくてはなりません。

場合によっては他の治療法を採用する方が希望する結果に近づけるかもしれないのです。

長所としては子宮筋腫を腹腔鏡手術すると、開腹手術に比べて身体に与える負担が少なくて済むという点にあります。

回復をすればそれだけ大きな傷を身体に刻むことになりますし、合併症を引き起こすこともあります。

そのようなリスクを小さくするために、子宮筋腫に腹腔鏡手術を用いることは大きな効果があります。

小さな傷口で済むため、それだけ無駄なダメージを身体に与えることはありません。

ただし、デメリットもあります。

子宮筋腫の腹腔鏡手術における最大の問題点は、高い技術力や経験が求められることです。

比較的新しい手法であるため、十分な経験を積んでいない医師も多いため、どこでも施術してもらえるというものではありません。

それだけに、名医を見つけて腹腔鏡手術をしてもらうことができれば、治療として大きな効果を得ることも期待できます。

やみくもに適用することはできませんが、今後ますます根付いてくる手法になるでしょうし、現状でも十分に病院や執刀医を選べば成功率は低くありません。

検討に値する手法でしょう。

copyright © 2005 妊娠と子宮筋腫手術 all rights reserved.