妊娠と子宮筋腫手術
   妊娠や子宮筋腫手術、症状別の治療法などの闘病記

 子宮筋腫合併妊娠を恐れない
こんなに簡単なんて
子宮筋腫を自宅で改善

子宮筋腫合併妊娠とは、その名の通り、子宮筋腫がありながら妊娠もしている状態を指します。妊婦検診によって発見されることが多く、若い女性でも子宮筋腫になることが増えているため、子宮筋腫合併妊娠も増えているようです。

この場合、出産にまったく影響しないこともありますし、深刻な影響を及ぼすものまでありますので、すべてを同じに扱うわけにはいきません。原則的に、子宮筋腫合併妊娠の治療は手術を避け、保存的治療を行います。

それでも子宮筋腫合併妊娠の手術を行う場合としては、筋腫が肥大化してしまっているケースや、腫瘍の痛みが和らがない場合、筋腫方面の血管が破れ、腹腔内出血によってショック状態の場合、排尿障害など、周辺臓器への影響が大きくなっている場合などがあります。

患者さんごとに事情は大きく変わりますので、婦人科の専門医とよく相談して、治療方法を決めましょう。合併妊娠においては、患者さん自身のケアが必要なのはもちろんですが、それに加えて胎児への影響も考えなくてはなりません。

母子ともに健康な状態で出産できるようにするためにも、子宮筋腫合併妊娠の治療には慎重を期す必要があります。もし、今の婦人科や産婦人科での治療が不安なら、他の病院でセカンドオピニオンをもらうという方法もあります。安心できる状態を作ることは、ストレスの緩和にもつながりますので、子供のためにも重要なことです。1人で抱え込まず、専門医の協力も受けながら、対処していきましょう。

copyright © 2005 妊娠と子宮筋腫手術 all rights reserved.